「大学生引っ越しバイト」稼げる?辛い?

アルバイト

大学に入るまでに運動をしてきたり体力に自信があるという人は引っ越しバイトがおすすめです。

日給は1万円を超えほかのバイトよりも待遇がいいですが、ネットの評判だけみて引っ越しバイトをしようかためらっている人は多いと思います。

僕は実際にとある引っ越しの会社でアルバイトをしていたので、実際の経験談を話したいと思います。


引っ越しバイトの内容

アルバイトは大体朝7時に会社に出勤します。引っ越しの服装に着替えたらその日一緒に仕事をする人の確認をします。現場によって人数は前後しますが、一つのトラックにつき2,3人で移動をします。

午前8時くらいになったら会社を出発し、割り振られたお客様の家に向かい引っ越し元の家から荷物を運んでトラックに積み込んだり、事前に積み込んである荷物を新しい家に運び入れたりします。

アルバイトはトラックを運転することはなく、基本的に部屋からトラックへ荷物を運ぶ仕事が中心です。

定時は16時でしたが、残業をすることが多く、19時くらいに仕事が終わることが多かったです。個人的には残業をしたほうが給料が上がるのでうれしかったですw。

ロコミをみて誤解している人へ

怒鳴られる・・・

ロコミや評判を見ると上司から怒鳴られたりといったことが多く書き込まれたりしていますが、少なくとも自分の職場ではそんな人はいませんでした。自分の場合は最初指摘は受けましたが、効率をよくするためのアドバイスだったので、中には気難しい人もいるかもしれませんが、日によって仕事をする人も変わるのであまり心配はしなくてよいと思います。

ブラック?・・・

バイトにおいてはブラックではないと思います。あくまでバイトにおいてはw。どういうことかというとバイトは遅くとも21時には帰らされます。それでも12時間労働くらいだけどねw。

社員さんに聞いた話ですがお客さんの対応に深夜に出勤させられることもあったようです。それとアルバイトが帰った後も片づけを行っているので実労働15時間くらいだと思います。

アルバイトなら毎日働く必要はないので、逆に一日で長い時間働けていいと言う人もいるかもしれません。


引っ越しバイトのメリット

シフトが自由

ほかのアルバイトとは異なり働きたい日の前日にシフトを登録すればシフトに入ることができます。

予定が把握しづらい大学生にとってはかなり助かると思います。

休憩時間が長い

労働時間が長く、ずっと動きっぱなし思われているかもしれませんが、バイトは運転をすることがないので、移動中は休憩になります。もちろんその間も給料はでます。

長距離移動だと実質2時間休憩なんてこともありました。

 

引っ越しバイトのデメリット

疲れる

一日に2,3件家を回ることもあり、特に二階建ての家で冷蔵庫や家具を運ぶときはまじで全身の筋肉を使って筋肉バキバキですw。

基本的に段ボールを運び続けるので家とトラックの往復が永遠と続きます。かなりの疲労が一日でたまりますね。

専門用語が難しい

引っ越しではハンケー、アカハチなど専門用語が飛び交います。

作業員の方はこれらの言葉を当然のように使うので最初は手惑いますが名称を頑張って覚えましょう。

引っ越しバイトの感想

引っ越しバイトでは実際に怒られることもありましたが、徐々に仕事ができるようになり、仕事に慣れてくると体力や筋力もだいぶついてきます。

短期間でガッツリと稼ぎたい人にはお勧めのバイトです。皆さんもぜひ引っ越しバイトにチャレンジしてみてください。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました