学歴ロンダリングについて

大学生活

皆さんは学歴ロンダリングという言葉を聞いたことがありますか?大学院入試が近づくとこのWordがよく聞かれたりしますよね。

今回は僕が実際に理系大学生に話を聞いてきたのでぜひ参考にしてみてください。


学歴ロンダリングとは

学歴ロンダリングとは自分の所属している大学よりも学歴が高い大学院を受験し合格することを指します。最終学歴は大学院の名称になるので、大学院入試が始まるとよく聞くWordとなっています。

学歴ロンダリングのメリット

まず難易度についてですが大学受験よりも規模が小さいため競合者が比較的少なく、試験の難易度は総合してみると下がるのかなと思います。

また私立の大学から国立の大学院にいけば学費も少なく済むのでメリットだと思います。

大学4年生までは自分の大学で研究をし大学院からはさらにレベルの高い環境で研究に没頭したいという人にも大学院はおすすめです。

学歴ロンダリングのデメリット

大学院から別の大学に行くとなると基本的には引っ越しをして新しい場所で生活を始めなくてはならないため、手間になってしまうということが挙げられます。

また大学4年生までの研究室は自分と相性がいいと思っていたのに別の大学の研究室だと相性が合わないということもあるらしいです。研究室選びは慎重にしたほうがいいようです。

大学院は内部からの進学者が基本的には多いので自分よりレベルが高い人が周りに多くついていくのに苦労したという意見も聞きました。

まとめ

結局は自分次第だと思います。自分が4年間通ってきた大学で引き続き研究に没頭したいという人もいれば、新たな場所でより高いレベルで研究をしたいという人もいると思います。自分が納得できる形で大学生活を終えれればそれでいいと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました